img_02

ニキビの知識が一目瞭然です

ニキビが出来ると化粧水や乳液にこだわったり、美容液を使用してみたりとスキンケアを意識して変更します。
どうしても外側からのケアに集中してしまいがちです。


しかし、ニキビの原因には、食生活も大きく関わっています。

その為、内側からのケアもとても大切になってくるのです。

医療脱毛で理想のカラダを手に入れましょう

肌の内側からもしっかりと栄養を補充してあげます。

唐揚げなど油が多い食べ物、バターやチーズ、卵など動物性脂肪が多い物、ケーキやクッキーなど糖分が多い甘い物、わさび、からし、とうがらしなどの刺激物がニキビが出来やすい食べ物です。これらの食べ物をたくさん摂取すると、皮脂が通常よりも多く分泌されます。


すると肌のターンオーバーが皮脂に邪魔をされて、上手く行われなくなります。古い角質が毛穴を詰まらせニキビが出来てしまいます。
食べすぎには注意が必要です。

ニキビケアには、バランスの取れた食事が大切です。



特に積極的に摂取したいのは、ビタミン、食物繊維、亜鉛です。ビタミンは、肌にとって1番必要な栄養素です。

肌の免疫力を高めたり、アクネ菌の繁殖を抑えたり、ニキビに効果的な働きをたくさん持っています。
果物に多く含まれるビタミンCだけでなく、野菜に含まれるビタミンAやB6、ごまなどのビタミンE、納豆や大豆のビタミンB2も摂取していきます。

食物繊維は、便秘対策のケアで有名ですが、腸を整える働きを持っています。

体内の不要物を取り除く事で、肌へ不要物が入り込んでしまうのを防ぎます。
亜鉛は新陳代謝を促してくれる働きを持っています。

細胞がより活動してくれるようになります。ターンオーバーが正常に行われるのでニキビの発生を防いでくれます。
また、出来てしまったニキビを治す力も持っています。

うなぎや牛肉、レバーや大豆に多く含まれています。食生活を気を付けるだけで、体の中の不要物をしっかりと排除する事ができます。

不要物が少なければニキビの材料が少なくなるので、出来にくくなります。

内側からのケアも重要な役割があるのです。